本番まであと6日です!

みなさんこんにちは!

 

JSPブログでは公演当日までの1ヶ月間、JSP第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」の魅力を舞台を彩る出演者全11人と対談形式でのインタビューシリーズでお届けしています。

 

第7弾は 九州出身!ポイの  紫音 こと 佐々木仁美 さんです!

 

今回の公演は社会人として東京からの参加ということで金曜日の夜行バスで大阪の稽古に参加することもあったんだとか

紫音さんが大学生の時に憧れたポイの魅力を存分に聞いて来ました!

インタビューをどうぞ!

 

 

 

 

よろしくお願いします。

初めに、ジャグリングを始めたきっかけと舞台の経験について教えていただけますか。

 

 

ジャグリング道具はポイをしています。

舞台は今回のJSPが初めてです。

宮崎の出身で鹿児島大学奇術同好会に入り、そこでジャグリングを始めました。

 

舞台への大きなきっかけとなったのは一年生の3月の時に見たポイで有名なKiMさんの演技でした。

東京で行われた Performance Unit melimelo の『あめにみるとき』という舞台です。

 

そこで見た「ポイの本当の鮮やかさや綺麗さ」に感激したことを覚えています。

音と動きだけで作るポイの見せ方というものを初めて知って、私の中で大きなきっかけになった舞台でした。

 

私も舞台であんなルーチンを!と思ってもやはり鹿児島ではなかなかそういう舞台はなかったんです。

その代わりではないんですが、学生大会には積極的に出て技術点とかを全く気にしない自分のやりたいルーティンを発表していました。

 

技の難易度、技術点を競り合う周囲の演技に対して私の雰囲気ルーチンは、言ったら場違いな感じではあったんですが、続けるうちに好きになってくれる人にも出会いました。

 

ある時出場した大会の審査員をしていたJuggler kyoさんという方が私をJSPに紹介してくださって今回の出演に繋がりました。

自分のやっていた雰囲気ルーチンが良いと思ってもらって、こういう舞台に立たせてもらえたというのは本当に嬉しいです。

 

 

 

JSPの舞台としての特徴はどのような部分ですか。

 

 

他の舞台だとジャグリングしている人は言葉を喋らなかったり、音声がついていたり、音や曲で楽しむというものが多いと思います。

 

一方でJSPは、役者さんはもちろん、ジャグリングをしている人も演技をすることで、本当の意味で全員が舞台のストーリーの全体の中に入ることができる。そういう舞台だと思います。

 

 

 

 

今回のルーチンを作る上で悩まれたことはありますか?

 

 

私は毎回ルーチン曲には歌詞ありのものを選ぶんです。

その言葉からイメージして感覚でルーチンを作っているんですけど、今回JSPではできるだけ言葉のない曲にした方がいいということになったのでまず選曲に悩みました。Youtubeを聴き漁ったのを覚えています。笑

 

いつも雰囲気や感覚でルーチンを作っているので、舞台独特の脚本から伝えられたイメージをルーチン内に表現すること自体はわかりやすかったです。一方で、歌詞がないということで音からイメージして動きをつけるというのは難しかったですね。

 

ただ、私の場合、毎回目指すのは道具の軌道、手さばき、足さばき、技の選び方でポイを一番綺麗に見せるルーチンを作ることです。

そこはブレずに本番でも一番いいものをお見せしたいです。

 

ポイが最大限に舞台映えする姿を見せるのでみなさん見に来てください!

 

 

 

最後に紫音さんは今回のJSP第4回公演のタイトルである「天使・ペテン師・泣き虫」でいうとどれですか?

 

 

結構、性格は泣き虫です 笑

周りの人はポジティブに自分のことを見ているんですが、内面はネガティブなのでよく周りの人に助けられてもらっています。


 

 

 

以上、インタビューをお送りしました。

 

2018年9月15日(土)に迫ります

ジャグリングストーリープロジェクト第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」をお楽しみに!

 

ご予約はこちらからどうぞ!

 

文:コバスケ

 

 

 

 

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)
  第4回公演 

使・ペテ師・き虫』

 

【JSPについて】
  日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、

その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。 

 

【あらすじ】
  人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。
  彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。
  人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!

 

【出演者】
  一物 芽具身
  佐々木 仁美(紫音)
  笹生 明日香(ノエル)
  篠宮 瑞生(まいやー)
  清水 公太
  田中 謙伍(いっせい)
  田中 健翔
  田中 佑樹
  冨迫 晴紀
  服部 駿佑
  横山 佑介(よこやん)

 

【日時】
  2018年9月15日(土)
        12:30 開場13:00 開演
        17:30 開場18:00 開演

 

【料金(全席自由席)】
                   前売券   当日券
  高校生以下 1,000円 1,000円
  大学生       1,800円 2,000円
  大人          2,200円 2,500円

 

【会場】
  京都府立文化芸術会館
  (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地)
  (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml)
    ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分
    ・「府立医大病院前」下車スグ前

あと、8日です!

みなさんこんにちは!

 

JSPブログでは公演当日までの1ヶ月間、JSP第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」の魅力を舞台を彩る出演者全11人と対談形式でのインタビューシリーズでお届けしています。

 

第6弾は 京都大道芸倶楽部Juggling Donuts からの出演  服部 駿佑 さんです!

 

JDLとJSP2つの視点からジャグリングの舞台について、そして自身とクラブの ”スイング”について聞いて見ました!

お楽しみください。

 

 

 

 

よろしくお願いします。

ジャグリング歴と舞台の経験について教えていただけますか。

 

 

ジャグリング歴は7年目です。

愛知県の岡崎高校に入学と同時にジャグリングを始めました。

今は京都大道芸倶楽部Juggling Donutsの4回生です。

 

高一の春に部活の共同購入でその時に先輩に勧められてピルエットクラブを買ってしまったことがきっかけでそれ以来ずっとクラブを続けています。

買ってしまったからにはクラブをやらないともったいないとあの頃感じていたのだと思います。

 

舞台の経験としては、最近だとJDL2017に出演経験があります。

 

 

 

JSP公演は初出演ということですが、他の舞台と異なるところはありますか。

 

 

僕が出演の経験があるJDLと比べると、一番違うのは関わる人が多いというところです。

 

JDLでは演者自身がストーリーを考えますし、裏方もサークルのメンバーの中でやります。

なので、できる内容もその時のメンバーが持っているものの中で決まってきます。

 

それに対して、JSPは脚本や舞台監督、音響など様々な専門家が集まって作っているので、そこは大きく違うところかなと思います。

よりプロに近い本格的なものであることは間違いないです。

 

ですが、どちらもジャグリングをストーリー込みで見せるということに関しては同じです。

僕としては全然、違和感なく参加できました。

自分のジャグリングを舞台の中に入れる上でのイメージはしやすかったかなと感じています。

 

 

 

 

今回の舞台上でのルーチンならではのお話を聞かせていただけますか。

 

 

僕の場合、あまり大きな違いはないのかもしれないんですが、いつもよりも雰囲気作りというところで綺麗めなルーチンになっています。

クラブというのは制限が大きい道具だと思うので、その辺りは難しいところかなと思っています。

 

 

 

制限が大きい道具というのはどういうことでしょうか。

 

 

一般的にクラブは重量がある道具なので、それぞれの動作が大きくなり他の道具のように細かい変化をつけたりすることは難しいです。

その分、1つの技の効果が大きくなる特徴があると思っています。

僕はその中でも「スイング」と呼ばれるクラブを投げるだけではなく大きく回したり、振ったりという系統のジャグリングをするのですが、これはクラブの中でも特に舞台上での表現に向いてるのかなと思っています。

舞台のルーチンの目的でもあるストーリー上の人物に対して心情の変化を起こすことを意識して、1つ1つのスイングの動きをつけるという気持ちで作っていました。

 

 

 

最後に服部さんは今回のJSP第4回公演のタイトルである「天使・ペテン師・泣き虫」でいうとどれになりそうですか?

 

 

えぇ…自分を例えるならということですよね。

天使かというと人を導く感じでもないですし、ペテン師ですかね。

 

 

 

理由も教えてもらってよいですか?

 

 

はい。僕が仲間に見られている素の性格とサークル外の人が見ているルーチンの印象は全然違うと思うんです。

 

僕はスイングで落ち着いた綺麗なかっこいい風を目指してルーチンはやっているんですけど、本当の自分はそういう二枚目的なキャラではないです。実際、誤解させていることも多いみたいなので、そういう意味だとお客さんの前ではペテン師になってしまっているのかなと思います。

 

今回の舞台はもちろんストーリーも面白いですし、自分もジャグリングでは新しいことにチャレンジするつもりなので楽しみにしてもらえると嬉しいです!

 

 

 

 

以上、インタビューをお送りしました。

 

2018年9月15日(土)に迫ります

「社会人と学生によるジャグリングと物語が融合したエンターテインメントショー」

JSP第4回公演をお楽しみに!

 

ご予約はこちらからどうぞ!

 

文:コバスケ

 

 

 

 

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)
 第4回公演 

使・ペテ師・き虫』

 

【JSPについて】
 日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、

その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。 

 

【あらすじ】
 人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。
 彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。
 人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!

 

【出演者】
 一物 芽具身
 佐々木 仁美(紫音)
 笹生 明日香(ノエル)
 篠宮 瑞生(まいやー)
 清水 公太
 田中 謙伍(いっせい)
 田中 健翔
 田中 佑樹
 冨迫 晴紀
 服部 駿佑
 横山 佑介(よこやん)

 

【日時】
 2018年9月15日(土)
       12:30 開場13:00 開演
       17:30 開場18:00 開演

 

【料金(全席自由席)】
                  前売券   当日券
 高校生以下 1,000円 1,000円
 大学生       1,800円 2,000円
 大人          2,200円 2,500円

 

【会場】
 京都府立文化芸術会館
 (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地)
 (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml)
   ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分
   ・「府立医大病院前」下車スグ前

みなさんこんにちは!

 

JSPブログでは公演当日までの1ヶ月間、JSP第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」の魅力を舞台を彩る出演者全11人と対談形式でのインタビューシリーズでお届けしています。

 

第5弾は 声優・演劇界からの出演  田中佑樹 さんです!

 

今回出演の4人の役者さんの内の1人

共演の田中健翔さんのお姉さんでもあります

最近は稽古中に3ボールカスケードに挑戦中

 

ジャグリングを全く知らなかった彼女から見たJSPとは?舞台とは?

明るくインタビューにお答えしていただきました!

 

 

 

よろしくお願いします。

初めに佑樹さんと演劇の出会いを教えていただけますか。

 

高校生の頃、近所にミュージカル教室があり、そこに参加したのが演劇のきっかけです。

始めは人数が足りないということでたまたま誘われたミュージカル教室だったんですが、そこからお芝居楽しさを知り、自然と演劇の世界に入って行きました。

大学生では演劇部に入ったり、休学をして東北でボランティア活動したりしていました。

そのあと、またお芝居したいなという思いがあり、今は声優の養成所に通いながら勉強に励んでいます。

その養成所で演出兼演者でもある冨迫さんにお会いしまして、今回の公演への出演に繋がりました。

 

 

 

今回のJSP公演の印象を教えていただけますか。

 

 

やっぱり、会場の規模が大きいのが印象的ですね。

これまで演劇部で小劇場を借りてやっていたときと比べるともちろん大きいです。

あと、関わる演者・スタッフさんも多いのは少し緊張感があります。

 

 

 

ジャグリングと演劇の舞台ならでは稽古上での悩みはありましたか?

 

 

そうですね… そもそもジャグリングはこの舞台に関わることになるまで、ほとんど知りませんでした。

テレビや大阪の梅田とかで大道芸をやっている人をちらっと見たことあるぐらいでした。

稽古でたくさんのジャグラーさんに出会う中で、やっと中国ゴマとかいろんな道具があることを知って、ジャグリングの奥深さみたいなものも最近少しずつわかるようになって来ました。

 

そんな私が全く知らないジャグリングをただ見るだけでならいいのですが、舞台上でその特有の表現と絡むというのは困りました。

他の演者がジャグリングで気持ちの変化を表現している中で、自分もその一部になってうまく溶け込むというのは難しかったです。

 

ジャグリングの力によって、役を演じる自分が変化していく様子を、短い時間で見ている人にもわかるように表現できたら良いなと思います。

 

まだ、稽古でも迷いながらではあるんですけど、JSPやいろんな先輩のお話を聞いて勉強させてもらって本番には良いものができるように頑張りたいです!

 

 

 

最後に佑樹さんはJSP第4回公演のタイトル「天使・ペテン師・泣き虫」のなかでどれですか?

 

今すぐにどれか、というのは思いつきませんが 生きてる中でいつか天使になりたいですね!笑

徳を積んでそうなれるように頑張りたいです!

 

 

 

 

以上、田中佑樹さんでした! それでは本番もお楽しみに!

 

ご予約はこちらからどうぞ!

 

文:コバスケ

 

 

 

 

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)
 第4回公演 

使・ペテ師・き虫』

 

【JSPについて】
 日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、

その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。 

 

【あらすじ】
 人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。
 彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。
 人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!

 

【出演者】
 一物 芽具身
 佐々木 仁美(紫音)
 笹生 明日香(ノエル)
 篠宮 瑞生(まいやー)
 清水 公太
 田中 謙伍(いっせい)
 田中 健翔
 田中 佑樹
 冨迫 晴紀
 服部 駿佑
 横山 佑介(よこやん)

 

【日時】
 2018年9月15日(土)
       12:30 開場13:00 開演
       17:30 開場18:00 開演

 

【料金(全席自由席)】
                  前売券   当日券
 高校生以下 1,000円 1,000円
 大学生       1,800円 2,000円
 大人          2,200円 2,500円

 

【会場】
 京都府立文化芸術会館
 (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地)
 (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml)
   ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分
   ・「府立医大病院前」下車スグ前