こんにちは、JSP演出補佐の冨迫です。演出である山下耕平(P山さん)の補佐をやっています。
関学大文学部の4年生で、ジャグリングを始めたのは大学生になってから、学内のサークルでのびのびとやってます。

“内容はお任せします!”とのことだったので、今回は「裏方」について書こうかと思います。


裏方・・・それは、
ステージでスポットライトを浴びることは無いが、舞台の手足となって働き!足腰となって支え!ハートとなって舞台を動かしていく人たち!


のことです。いきなり熱く断言しましたが、確証はないです。(確信があります)
つまり、実際にひとつの舞台を成立させるためには見えないところで頑張る人たちが不可欠で、そして実際に舞台の裏側にはそういう人たちがいっぱいいるということです。


 今回、ぼくは有志のスタッフとして参加を希望し、広報をやろうと思っていたところを演出補佐を任されて舞台制作に取り組んでいます。JSPの裏方メンバーはそうして集まった人たちで出来上がっています。
ぼくは舞台制作の経験が浅くジャグリングの才能にあふれているわけでもないので、“なんでも補佐”的にあらゆる制作作業を実際に見にいくことにしています。すると、舞台の裏方の役割の重要さをつくづく思い知らされることになるわけです。


脚本を書く、広報戦略をたてる、スケジュールを決める、ビラを作る、大道具を作る、メイクを習得する、衣装を作る、音楽を探す、照明を決める、音響を操作する、演出を練る、宣伝活動をする、すべてをまとめる・・・


今のところになりますが、見てきただけでもこれだけあります。言葉になおすのが難しい作業もあるので、書けていないものやかなり荒く一言にまとめているものもあります。これらを実際にやっていくわけです。というかやってきたわけです。




「すげぇなあ。」と思います。



各々の奮闘があったことだろうと思います。




できあがっていく様子を実際に自分の目で確かめていくと、その度にそんな気分にひたります。


でも!それらの努力が輝く日は公演の日です。(正気に戻る)
自分たちがやってきた仕事を観にきてほしい、と最近はそればかりを思っています。

最後に写真をのせておきます。いつもこの位置から舞台ができていくのを見ています。最後まで面白い作品づくりに尽力しますので、みなさん是非、観にきてください!



JSP演出補佐 冨迫


場所:クレオ大阪 東館
日時:2014年12月14日
   1回目 14時30 開演
   2回目 18時30 開演

チケット:前売り 大人1500円 高校生以下500円 当日1800円

チケット予約はこちらから
 
すぐ殺虫剤使おうとするのも考え物だぜ!

某ホームセンター園芸担当の石田です。

ハマキムシに悩まされる季節もいよいよ終わりに差し掛かった11月中旬ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
あわよくば風邪でも引いて仕事を休み練習に没頭してやろうと画策していた私はすでに健康すぎてくしゃみの一つも出やしません。

ごめん、盛った。くしゃみめっちゃ出る。
まぁ仕事はすこぶる楽しいので休む気無いですけどね!と一応フォローを・・・。

はい、石田です。

ブログを書くという大任を預かりさて何を書こうかと意気込みパソコンと顔面持久走を繰り広げること早30分、ようやく筆が走り出したしだいでございます。

さてどこから書いたら良いのかわかりません私のノリとタイミングで書いていかせていただきます。

いよいよ!

本番まで1ヶ月切りましたね。稽古もようやくまとまってきた感じですがここに来て困ったことなのか嬉しいことなのか、まぁどちらかといえばうれしい事に改善点が 山 ほ ど 見つかります。

あーしようこーしようと1シーンの些細な部分に30分1時間とかけるとかザラです。
でもそれだけ重要なことなのです。おかげで私のアイフォンは思考回路ショート寸前の勢いで容量が足りません。

動画を見ては直し意見を集め、稽古で訂正してまた撮っての繰り返しです。
そしてころころ変わるので演者でも「あれ?ここどうだったっけ?」ってなることが存外目立ちます。

これがもし昔専門学校のときの舞台でやっちまってたら先生からホワイトボードが飛んできたことでしょう。

おっかねぇえぇ・・・。

いよいよなんで私も含めてしっかり動きの把握をしておきたいところです。

そういえば、先日稽古場に色々縁がありまして関西テレビの取材がはいりました。

ありがたし!!

私はひゃくぱー取材対象にはならないので実にリラックスして望んでいましたがカメラが向けられている時はみんなどこか緊張はあったかもしれませんね。私はもう隙あらば倒立したり倒立したり倒立したりしていました。

しのびぃさんに「すぐ倒立ww」って突っ込まれたのは皆に内緒だよ!


というわけでお分かりの事かと思いますが楽しくやっています。
なんだかんだともう12月を迎えます。月末には合宿も控えておりますし緊張が高まりますね!

私も及ばずながら一応形の上で運営に携わっているので色々事務作業があったり困ることもあったり困らせることはもっとあったりして本当に年長者としてあまり仕事が出来ない有様で面目ないことこの上ございませんが、もうとにかくここまで来たんだ頑張るしかない!ということでラストまで突っ走って行ってやろうと思います。

稽古でも見ていて面白いところいっぱい出てきたし本当に楽しい舞台になるかと思います。
後々にあの頃の稽古はこんなんだったな、と演者同士で話せる日がきたり、
当時はこんなんだったよねぇ、とお客さんが話してくれたりとかしてくれたら本当に良いなって思うので
是非とも私たちと一緒にこのジャグリングストーリーを楽しんで頂ければこれ以上の幸いはございません!

本番までもう少し、全力で且つ楽しんで参りますので、皆様のご来場心よりお待ち申し上げております!

JSP 石田亮祐でした!



場所:クレオ大阪 東館
日時:2014年12月14日
   1回目 14時30 開演
   2回目 18時30 開演

チケット:前売り 大人1500円 高校生以下500円 当日1800円

チケット予約はこちらから

はじめまして。ジャグリングストーリープロジェクト代表の吉永です。
 
12 月の舞台公演に向けてブログを開設しました!
 
舞台に向けての準備は本番6か月前から始めていたのですが、気がつけばもうあと1か月ちょっとしか残されていません。
 
稽古は今もまだまだ試行錯誤を繰り返す過程で、日々悩みながら調整を重ねています。
そんな練習を進めていくことで舞台がようやく少しずつ形になってきました。
 




僕たちの舞台は一体どんなものかと言いますと、ミュージカルの「歌」の部分が「ジャグリングの演技」に置き換わったようなものです。ジャグリングの演技が物語の鍵を握っているのです。想像できましたでしょうか、難しいですかね…。
 
 
 
実はこの「ジャグリングストーリープロジェクト」には野望があります!
5年後にはこの企画を、ジャグリングを知らない方に一番勧めたくなるような、そんな安定感と信頼のあるジャグリングの舞台にすることです。
 
ジャグリングの魅力を沢山詰め込んで、ジャグリングのすそ野を広げられるような企画にしたいと思っています。
 
 
 
まだ、何も始まっていないのに大それたことを言ってすみません!
これから舞台の完成度を上げていかなくてはならないのに、夢ばかり語っている場合ではないですね。最初のブログなのでちょっと想いを書いてみたかったのです。
 

前置きが長くなりましたが、そんなジャグリングストーリープロジェクトの第一回公演が12 月に大阪京橋にて行われます。

演者スタッフ一同、精一杯頑張りますので応援よろしくお願い致します。