突然ですが、
ジャグリングの舞台公演、って一体どんなものでしょう?
 
今回のブログ、担当は演出の山下です。
「ジャグリングを観る」と言った時に思い浮かべるものはやはり、大道芸かサーカスなのではないかと思います。
演劇や音楽のコンサートを見に行くような心持ちで、大きなホールなどへジャグリングを見に行く文化、というのはあまり想像がつかないですよね。
ジャグリングの舞台ってどんなものだよ、という話をしてみようと思います。
 
このJSPという企画はジャグリングの舞台公演です。
公演の形式としては、ミュージカルに少し似ています。ミュージカルは歌・ダンスのパートと演技(台詞)のパートが分かれていますよね。演技の部分で全体を包み込みつつ、歌・ダンスの部分で観客を引き込む。。。
今回の公演では、歌・ダンスの部分の代わりにジャグリングのパフォーマンスが入ることになります。そしてさらに、演技の部分が、台詞のない無言劇となるのです。(他にも形式は様々ありますが、今回は割愛!)
イメージできますでしょうか?
 
…とここまで書いてきましたが、現在アマチュアジャグリングの世界に身を置いている人であれば、上のような説明をせずともすぐにイメージできてしまいますよね。
実はこのような形式のジャグリング舞台はすでに日本ではいくつも存在しています。
少し列挙すると、京都大学のジャグリングサークル京都大道芸倶楽部 Juggling Donutsの「Juggling Donuts Live」(2000~)、東京の電気通信大学のサークルPassageの「Hop Step Passage」(2004~)など。いずれも年に一度のペースで公演を行っています。
なんともう十年以上の歴史をもった舞台の形式なんですね。
 
じゃあ、演出のやり方なんかも相当に洗練されてきてるんじゃない?とお思いかもしれませんが、僕の見ている限りでは意外とそうでもない。なぜかというと、このような公演の担い手が学生のジャグリングサークルであるからなんですね。
要するに、同じ人材が何度も舞台の製作に関わるということがあまりないんです。これじゃあ十年経とうが大して変わりがない。
さらに、学生サークルというのは外部とのつながりは持つものの、基本的には閉鎖的な集団です。人の出入りは多くないですよね。どうしてもガラパゴス化というか、いろんな経験をためていくことができません。
 
さて、そこでJSPです。
JSPも今回の関係者は学生が多いです。が、今後続けていく際には長く関わる人材も出てくるでしょう。
そしてさらに大事な点は、その「学生」というのが多様な大学・サークルの出身/所属者で彩られていることなんです。先に上げたJuggling Donutsのほかに、シンフォニー公演を行っている関西大学のジャグりま専科、頻繁に定期公演を打っている同志社大学のHocus-Pocus、そして今年2014年に初のPatio Liveを行った大阪大学のPatioなど。もちろん学生のみならず、サーカス学校出身者や半ばプロとして活動するようなパフォーマーなどもまたいます。
今回のJSPには様々な経験が一堂に会していると言って良いかと思います。
これまで所属していた団体が違っていれば、システムも違い、用語も違い、感性もまた違います。それが混ざりあって一つのものをつくることは当然難しく、問題も多々あります。が、これだけ多様な人材が集まって一つの舞台をつくるのは関西のジャグリングシーンでは初めてです。
ここから何か生まれてくるのは間違いないと思います。
 
冒頭に戻りますが、ジャグリングの舞台公演とはどんなものか。
JSPでは、今までにも存在していたものである、複数のジャグリングパフォーマンスを無言劇のストーリーによって包み込むという形式を採用しています。僕の考えではこの形式はまだまだその魅力を存分に発揮できるものには完成されていません。
これを様々な経験を取り込みつつ、徐々に完成へと導いていく企画、それがJSPだと僕はそう思いながら演出に携わってきています。
 
是非、最初の結実たる第一回公演、見に来て下さい!
舞台でジャグリングを観ることの魅力、感じられることまちがいなしです。
ということで、今回のブログは演出の山下でした。
会場でお待ちしております!

チケット予約はこちらから
 
こんばんは、受付担当のみらです。

受付担当ですが、衣装担当補佐もしていたりします。で、今回衣装担当として記事の執筆依頼をいただきましたので、衣装について書かせていただきます。

今回、演者さんが衣装を用意するのではなく、主に衣装担当が用意しています(一部演者さんにお願いして用意していただいたものもあります)

基本的に既製品に加工を施しているのですが、中にはイメージ通りのものがなく、手縫いで(!?)製作しているものもあります。

特に、ジャグラーのステージ衣装は、各々の道具・パフォーマンススタイルを考慮して装飾しなければならないので、デザイン画と演者さんの動画と、衣装の素材とのにらめっこの日々でした。

もうまるで我が子の晴れの日の衣装を縫う母の気持ちでした

そんな丹精込めて用意している衣装を、今回は特別にっ!私が担当している演者さんの衣装をお見せしたいと思いますっっ!!

じゃじゃんっ!(←古い


もういっちょっ!




こんな感じです〜
如何でしょうか?わかりにくいかと思いますが、結構手間暇かけて製作しております。

あっ、ちなみに誰の衣装かはまだ秘密です。当日までのお楽しみにしていて下さい。もしくは、誰の衣装か推測してみて下さい^ ^


余談ですが、皆さん、ステージの衣装って結構気になったりしませんか?

私はパフォーマンスとか、ステージとか観に行く時、パフォーマンスもさることながら、結構衣装にも目がいくんですよね〜。

あっ、勿論パフォーマンスの内容やクオリティも大切です。だけど、どんなに良いパフォーマンスをしても、演者に似合わない衣装だと、少し残念な気持ちになります。

なので、私達衣装担当は責任重大です。
演者さん達が、より良い演技ができますように、そして、衣装が華を添えることができればと思います。

最後の追い込み頑張ります。

当日は是非演者さんの衣装にもご注目いただければ嬉しいです。

ではでは〜

 
唯一の女性キャスト、しのびぃこと大久保志野です!

「男ばかりのステージに華を添えて欲しい」という名目でキャストに抜擢して頂いた私ですが、今の時点で演者の吉哉さんとカイトの可愛さに負けていて、立つ瀬が無くなり困っております。無意識で可愛いって、ですね。



はい、それはさておき。

先日、11/28〜29日1泊2日でJSP合宿が行われました!

演者全員に加え、演出や統括から大道具、衣装、メイク、広報さんなどのスタッフさんも合わせ、総勢22名で京都の山奥に行って参りました。

一言でまとめると、電波はないが土地はある!みたいな場所です。練習にはもってこいですね!



合宿、割とスタッフの思いつきから実現に至った企画ですが、結論から言うと、やって良かった!!って感じです。理由は主に2つ。



1つ目。練習いっぱいできた。

当たり前ですね。当たり前ですが、とても大事。です。

学生だけでなく社会人も多いJSP。そして学生は学生でも中学生がいるJSP。普段の練習では、場所や時間の問題からなかなか全員集まる事がありません。なのでサークル活動の時のように「集まるのが当たり前」は当たり前ではなく、逆に一番厄介な足かせとなります。

そのため今回の合宿で初めてメンバーがフルに全員揃って、朝11時から夜21時まで(ちょっと盛った)稽古に集中する事ができ、本番に近い通し練習を何度も行えたのは、とても良かったです。

なんというか、パズルのピースがようやく一つに合わさったような感覚ですね。




そして2つ目。みんなと交流できた。

個人的には練習できたことよりも大きいんじゃないかと思ってます。怒られるかな。いやでも本当。

普段の練習では時間が限られているため、ゆっくりと話す休憩時間はほぼありません。トイレ休憩位のもんです。
JSPで初めて会った人もいるので、なかなかプライベートの事まで話す機会はありませんでした。

それが同じ釜の飯をつつき、風呂で裸のつきあいを経験し、一つ屋根の下で眠る事で○○が××…もとい距離がぐぐっと縮まった、そんな気がします。
仲がいいと練習行くのも楽しみになりますしね!連絡もスムーズになるし。いい事づくし。




そういえば、私は演技指導にも少しだけ関わっているんですが、最近、キャラが生き生きしてきた気がしています。

というのも、JSPには「役」がありません。演者のルーティンを元に、それを際立たせるためのストーリーを作った、といういきさつがあるので、舞台で演者が演じているのは言ってしまえば演者自身です。

その演者が生き生きして見えるというのは、演技力が上がったというより、他の演者との絆が深まり、演じやすい空間が作れてる証拠なのかなあと、ここ最近の演技を見ていて思います。

なんてったって、「絆を見つめ直す物語」ですからね!!



最後いいオチが見つからなくて、無理矢理まとめたらクサイ感じになってしまいましたが、そんなこんなで本番に向けて順調に練習は進んでいます。

ようやく、舞台全体を「磨く」段階になってきました。あとジャスト2週間!

スタッフ演者一同頑張りますので、楽しみにしていてください。