本番まであと5日です!

みなさんこんにちは!

 

JSPブログでは公演当日までの1ヶ月間、JSP第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」の魅力を舞台を彩る出演者全11人と対談形式でのインタビューシリーズでお届けしています。

 

第8弾は 同志社大学マジック&ジャグリングサークルHocus-Pocusより参加  

 

エイトリングのノエル こと 

笹生 明日香 さんです!

 

エイトリングの不思議な魅力でジャグリングの世界に引き込まれたノエルさん

現在大学2回生の視点から見る本公演の見どころとは?

それでは、インタビューをどうぞ!

 

 

ジャグリングを始めたきっかけを教えてください

 

 

高校の頃、マジックに興味があってHocus-Pocusの舞台を観に行ったんです。そこでエイトリングのパフォーマンスを見て、かっこいいなと思ったのがはじまりです。

 

大学生になりサークルに入った時にはその先輩がまだ在籍していたのでこれは教わるしかない!と思い、夢中で練習するうちにあれよあれよと現在に至っています。

 

 

稽古の雰囲気はどうですか?

 

 

稽古が始まったばかりで緊張していた時、共演のめぐさんがお母さんのように気にかけてくださったり、服部さんやいっせいさんがお兄ちゃんのように話かけしてくださったりして、とてもほっとしたのをよく覚えています。

私が演者の中では一番若手なのですが、とてものびのびさせてもらっています。のびのびしすぎて申し訳ないくらいです(笑)

 

若い人間にも優しい団体だと思いました。

新しい風を突っぱねずにさらっと受け入れてくださる人が集まっているのだと感じています。

 

 

 

今回の舞台の見どころを教えてください。

 

 

個人的に、ジャグリングと演劇の融合した舞台の見どころって、ジャグリング(特にルーティン)パートと演技パートのジョイント部分だと思うんです。どちらも単体でも成り立つ芸術だからこそ、一歩間違えば「その舞台、ジャグリング必要ないんじゃない?」とか「このステージ、ストーリーなしでルーティンだけ見てればよくない?」という感想になりかねないというか。

 

だからこそ、両者の繋ぎ目がスムーズであることが大事だと思っています。

 

暗転の短さや道具配置の違和感のなさなど見た目でわかる点だけでなく、その世界の中でルーティンが持つ意味やわざわざジャグリングをやる意義的な点でも両方にちゃんと存在意義があってはじめて「ジャグリングストーリー」と言えるんじゃないかなと考えています。

 

今回の舞台では、その繋ぎ目が「登場人物の心情変化」だと思っています。

 

登場人物たちがどんな気持ちを抱えてその物語の世界の中で生きているのか、その気持ちにジャグリングがどんな風に作用し、どう変化させるのか、またその気持ちの変化が周りの人物に、そして次の場面へとどう波紋を広げていくのか、そこを楽しんでいただけたらいいな、と思います。

 

 

 

最後にノエルさんはJSP第四回公演のタイトルである「天使・ペテン師・泣き虫」の中でどれだと思いますか?

 

 

えっいや選択肢少なっ!!うーん、あ、私のステージネームのノエルって「クリスマスの賛美歌」って意味もあるらしいんです。なのでキリスト繋がりで天使!ってこんな理由じゃダメですかね笑

 

 

 

以上、インタビューをお送りしました。

 

2018年9月15日(土)に迫ります

「社会人と学生によるジャグリングと物語が融合したエンターテイメントショー」

ジャグリングストーリープロジェクト第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」をお楽しみに!

 

ご予約はこちらからどうぞ!

 

文:コバスケ

 

 

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)
  第4回公演 

使・ペテ師・き虫』

 

【JSPについて】
  日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、

その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。 

 

【あらすじ】
  人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。
  彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。
  人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!

 

【出演者】
  一物 芽具身
  佐々木 仁美(紫音)
  笹生 明日香(ノエル)
  篠宮 瑞生(まいやー)
  清水 公太
  田中 謙伍(いっせい)
  田中 健翔
  田中 佑樹
  冨迫 晴紀
  服部 駿佑
  横山 佑介(よこやん)

 

【日時】
  2018年9月15日(土)
        12:30 開場13:00 開演
        17:30 開場18:00 開演

 

【料金(全席自由席)】
                   前売券   当日券
  高校生以下 1,000円 1,000円
  大学生       1,800円 2,000円
  大人          2,200円 2,500円

 

【会場】
  京都府立文化芸術会館
  (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地)
  (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml)
    ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分
    ・「府立医大病院前」下車スグ前

コメント
コメントする