みなさんこんにちは!

 

JSPブログでは本日から公演当日までの1ヶ月間、JSP第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」の魅力を舞台を彩る出演者全11人と対談形式でのインタビューシリーズでお届けしています。

 

第3弾はシガーボックスを華麗に操る まいやー こと 篠宮瑞生 さんです!

 

 

 

 

昨年まで九州地方を中心に活動されており、今年から岡山に来られたことを機にJSP出演が決定しました。

目の錯覚でシガーがやや小さく感じるような長身を生かしたダイナミックでかつ繊細なジャグリングは見る人を圧倒します。

その上背の関係もあって逆に私の方が若干緊張気味のインタビューでしたが、優しく丁寧に「シガーボックスとジャグリングの舞台」について存分に語っていただいています。

 

お楽しみください!

 

 

 

 

 

よろしくおねがいします。

まず初めに、ジャグリング歴について教えてください。

 

 

よろしくお願いします!

まずジャグリング歴ですが、僕が大学入学して始めたので今年で6年目です。

僕の初めての道具がシガーボックスだったので道具歴もちょうど6年目です。

福岡の九州工業大学ジャグリングクラブピルエットに入部したことがきっかけでジャグリングを始めました。

 

 

 

演劇や舞台の経験はこれまでにありますか。

 

 

舞台への出演というのは初めてですね。

大学時代3年生のピルエットステージというものに携わったことがあります。

 

うちの大学の2個上の先輩のきびだんごさんという方がDonuts Liveに憧れて作った無声劇でして、その時は舞台監督として演出などをやっていました。裏側ではありますがしっかりとしたステージで行うのはその時ぐらいで、JSP公演への出演はその時以来の大きなステージになります。

 

 

 

 

 

稽古を見て、今回の公演はジャグリングと演劇の境が曖昧になってきていると感じました。その辺りはどのように感じてらっしゃいますか。

 

 

思った通りだと思います。

稽古の中でも僕たち演者はその繋ぎの部分を非常に気にします。

やはり、ジャグリングと演劇それぞれの部分の境目というのはまだ違和感が存在しているように感じます。

その境目を小さくしてより多くの人が楽しめる作品を作るというのはJSPという団体が目指していることでもあります。

 

 

 

突然なのですが、シガーボックスと演技の話を聞かせてください。

 

 

本当に突然ですね!笑

 

世界的に見てもジャグリングでイメージする道具はボールやクラブ、ディアボロなどがメインだと思っています。それらの道具に比べるとシガーボックスは体にとても近い道具だと思います。

 

例えば、基本の中抜きや大回転といった技は頭の高さを超えることはありません。なので、高く投げ上げたり、道具だけが動くという技や表現は他の道具に比べて難しいです。その分、シガーボックスは先に体を動かしてあげれば道具がついてくる、そういう見せ方が得意な道具です。

 

道具単体を追うのではなく、それを操るダイナミックな体の動きをを見ていただければいいかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

気になる他の演者は誰ですか?

 

やはり、シンプルに火力という面ではボールのよこやんくんです。そして、演出の面ではエイトリングのノエルちゃんです。全く違う二人の対極というか演技が一つのストーリーの中に入っているのは面白く気になるところです。

ジャグラーから見れば当たり前なのかもしれないんですが、ジャグリングの道具の幅広さというところもJSPの見どころかもしれませんね。今回の公演で初めてジャグリングを見るひとは驚いてもらえると思います。

 

 

 

第4回公演のタイトル「天使・ペテン師・泣き虫」の三つのうちまいやーさん自身はどれだと思いますか。

 

 

ペテン師かなと思います。

小学校から高校まで人前に立つという機会はほとんどなかったです。

その中の大学でジャグリングをするようになって初めて演技をするということになりました。演じるというのが楽しくてハマることだからこそ、ここまでジャグリングをやってきたんだと思います。自分ではない何かになりきるというところからペテン師なのだと思います。

 

 

 

 

 

以上、まいやーこと篠宮瑞生さんのインタビューでした。

 

あと3週間に迫ったJSP第4回公演「天使・ペテン師・泣き虫」ご予約はお早めに!

 

それでは本番もお楽しみに!

 

文:コバスケ

 

 

 

 

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)
 第4回公演 

『天使・ペテン師・泣き虫』

 

【JSPについて】
 日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、

その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。 

 

【あらすじ】
 人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。
 彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。
 人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!

 

【出演者】
 一物 芽具身
 佐々木 仁美(紫音)
 笹生 明日香(ノエル)
 篠宮 瑞生(まいやー)
 清水 公太
 田中 謙伍(いっせい)
 田中 健翔
 田中 佑樹
 冨迫 晴紀
 服部 駿佑
 横山 佑介(よこやん)

 

【日時】
 2018年9月15日(土)
       12:30 開場13:00 開演
       17:30 開場18:00 開演

 

【料金(全席自由席)】
                  前売券   当日券
 高校生以下 1,000円 1,000円
 大学生       1,800円 2,000円
 大人          2,200円 2,500円

 

【会場】
 京都府立文化芸術会館
 (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地)
 (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml)
   ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分
   ・「府立医大病院前」下車スグ前

 

 

コメント
コメントする