こんばんは、受付担当のみらです。

受付担当ですが、衣装担当補佐もしていたりします。で、今回衣装担当として記事の執筆依頼をいただきましたので、衣装について書かせていただきます。

今回、演者さんが衣装を用意するのではなく、主に衣装担当が用意しています(一部演者さんにお願いして用意していただいたものもあります)

基本的に既製品に加工を施しているのですが、中にはイメージ通りのものがなく、手縫いで(!?)製作しているものもあります。

特に、ジャグラーのステージ衣装は、各々の道具・パフォーマンススタイルを考慮して装飾しなければならないので、デザイン画と演者さんの動画と、衣装の素材とのにらめっこの日々でした。

もうまるで我が子の晴れの日の衣装を縫う母の気持ちでした

そんな丹精込めて用意している衣装を、今回は特別にっ!私が担当している演者さんの衣装をお見せしたいと思いますっっ!!

じゃじゃんっ!(←古い


もういっちょっ!




こんな感じです〜
如何でしょうか?わかりにくいかと思いますが、結構手間暇かけて製作しております。

あっ、ちなみに誰の衣装かはまだ秘密です。当日までのお楽しみにしていて下さい。もしくは、誰の衣装か推測してみて下さい^ ^


余談ですが、皆さん、ステージの衣装って結構気になったりしませんか?

私はパフォーマンスとか、ステージとか観に行く時、パフォーマンスもさることながら、結構衣装にも目がいくんですよね〜。

あっ、勿論パフォーマンスの内容やクオリティも大切です。だけど、どんなに良いパフォーマンスをしても、演者に似合わない衣装だと、少し残念な気持ちになります。

なので、私達衣装担当は責任重大です。
演者さん達が、より良い演技ができますように、そして、衣装が華を添えることができればと思います。

最後の追い込み頑張ります。

当日は是非演者さんの衣装にもご注目いただければ嬉しいです。

ではでは〜

 
コメント
コメントする