こんにちは、JSP演出補佐の冨迫です。演出である山下耕平(P山さん)の補佐をやっています。
関学大文学部の4年生で、ジャグリングを始めたのは大学生になってから、学内のサークルでのびのびとやってます。

“内容はお任せします!”とのことだったので、今回は「裏方」について書こうかと思います。


裏方・・・それは、
ステージでスポットライトを浴びることは無いが、舞台の手足となって働き!足腰となって支え!ハートとなって舞台を動かしていく人たち!


のことです。いきなり熱く断言しましたが、確証はないです。(確信があります)
つまり、実際にひとつの舞台を成立させるためには見えないところで頑張る人たちが不可欠で、そして実際に舞台の裏側にはそういう人たちがいっぱいいるということです。


 今回、ぼくは有志のスタッフとして参加を希望し、広報をやろうと思っていたところを演出補佐を任されて舞台制作に取り組んでいます。JSPの裏方メンバーはそうして集まった人たちで出来上がっています。
ぼくは舞台制作の経験が浅くジャグリングの才能にあふれているわけでもないので、“なんでも補佐”的にあらゆる制作作業を実際に見にいくことにしています。すると、舞台の裏方の役割の重要さをつくづく思い知らされることになるわけです。


脚本を書く、広報戦略をたてる、スケジュールを決める、ビラを作る、大道具を作る、メイクを習得する、衣装を作る、音楽を探す、照明を決める、音響を操作する、演出を練る、宣伝活動をする、すべてをまとめる・・・


今のところになりますが、見てきただけでもこれだけあります。言葉になおすのが難しい作業もあるので、書けていないものやかなり荒く一言にまとめているものもあります。これらを実際にやっていくわけです。というかやってきたわけです。




「すげぇなあ。」と思います。



各々の奮闘があったことだろうと思います。




できあがっていく様子を実際に自分の目で確かめていくと、その度にそんな気分にひたります。


でも!それらの努力が輝く日は公演の日です。(正気に戻る)
自分たちがやってきた仕事を観にきてほしい、と最近はそればかりを思っています。

最後に写真をのせておきます。いつもこの位置から舞台ができていくのを見ています。最後まで面白い作品づくりに尽力しますので、みなさん是非、観にきてください!



JSP演出補佐 冨迫


場所:クレオ大阪 東館
日時:2014年12月14日
   1回目 14時30 開演
   2回目 18時30 開演

チケット:前売り 大人1500円 高校生以下500円 当日1800円

チケット予約はこちらから
 
コメント
コメントする