こんにちは!代表の吉永です。
 
先日1214日に行われた「ジャグリングストーリープロジェクト第一回公演」無事終了いたしました!
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございます。
 
恥ずかしながら第一回公演ということで準備不足もあり、受付にて不手際がありました。昼の公演開始が遅れてしまったことをここにお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。次回公演に向けての課題とさせていただきます。
 
 
 
さて、最後のブログでは何について書くか悩んでいたのですが、舞台の準備期間のことや舞台当日のことを書こうと思います。




私たちは第一回公演に向けて半年間、30人以上の仲間と共に準備をしてきました。
 
稽古の場所は関西各地からメンバーが集まっていることを考慮し、兵庫・大阪・京都など、転々としていました。大道具作成は毎週行い、また、曲探しや、照明案の作成は納得のいくまで何度もやり直しました。
 
稽古中はお互いに気付いたことを指摘し合いました。「あれが違うこれが違う。」「本番1ヵ月前なのにジャグリングのミスが多すぎる。」とか「演技が分かりにくくて伝わらないから、設定を変えよう。」とか。


 
そうして準備に準備を重ねた舞台本番がついにやってきました。
緊迫した舞台袖、鳴り始めた開演ベル。ドキドキの瞬間の連続です。



 
「ジャグリングの難しい技は成功するだろうか。舞台装置は無事に動くだろうか。」と本番中、仲間はずっと心配しますが、ただ見守ることしかできません。
 
そんな不安をよそに課題の箇所を次々とクリアしていき、どんどん次のパフォーマーにバトンを渡していきます。
 
気が付けば60分、70分と時間が経っていました。大きなミスもなく迎えた最後のパフォーマンス。今回の主人公ケントカイトの11本のクラブパッシングです。
 
今回の舞台では最年少の彼らに、ラストを託しましたが、最高のパフォーマンスを披露して、無事ショーを終えることが出来ました。舞台袖の皆は安堵して大きな拍手に聞き入りました。

この時ようやく長い間の苦労が報われました。

400人規模の大きなホールがほぼ満席という素晴らしい環境で、準備を重ねてきたパフォーマンスを披露させていただくことが出来たのです。
 
もう嬉しくて嬉しくてたまりません。全てを手探りで進めていた第一回公演を、この様な形にまとめることができるとは思っていませんでした。お世話になった方々や、ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。


 


 
舞台が終わって皆様に書いていただいたアンケートは、スタッフで何度も読み返しました。貴重なご意見として今後の参考にさせていただきます。ご記入ありがとうございました。


 
さて、多くの好評をいただきました「ジャグリングストーリープロジェクト」の公演ですが、来年以降もまだまだ続きます!
長い準備期間が必要ですので、今のところ1年に1度の公演企画を予定しています。
 

「また観たい!」という方がいらっしゃれば、ホームページやツイッタ―等の情報を確認してください! 
今後もスタッフ一同、精一杯頑張っていきますので、引き続きご愛好の程よろしくお願い致します!
 
 
それでは最後になりますが、ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
来年も会場にてお会いできることを楽しみにしています!
 
コメント
コメントする