おはようございます。

ペテン師役兼演出として、今回の『天使・ペテン師・泣き虫』に携わりましたとみさこです。

公演から1週間、随分経ったような気がしますね。

本当は舞台本番の前にブログを書いてくれと言われていたのですが、

 

 

「忙しければ無理しないでね。」

 

 

との優しい但し書きに、

 

 

「忙しい。」

 

 

と答えて逃げていました。まさか終わってから書くことになるとは。

 

 

 

 

 

 

ひとまず公演も終わってしまって、何を書くべきか模索しつつ書くわけですが、

第1回公演から演出まわりに関わってきた身として

文脈をつなぐような役回りを果たすようなことが書けたらいいのかなと思っています。

 

 

とは言いつつ、個人的なことからワッと書きますと

私は今年の4月からボイスタレントとして活動をしているナレーター・声優です。

舞台に役者として立つのは今回が初で、

それまでは普通に大学を卒業して、就職して、退職して(!)、1年養成所通って、

オーディション通って(!)、プロになっています。

ラジオ番組・CM、VPナレーション、キャラクターボイス、朗読劇、等々の経験を踏まさせていただいているところです。

大学生のころにジャグリングを始めて、JSP第1回で演出補佐をしたことをきっかけに

Juggling unit ピントクルに入り、JSPの活動に毎回関わってきました。

今回舞台に立たせていただいたこと、そして演出までさせていただいたことに、

まずは何より感謝しています。

 

 

懐しいですね。

第1回公演ではP山さん(ピントクル元代表・山下耕平)が演出と脚本をして、

ぼくはその補佐をさせてもらったのでした。

 

 

「ジャグリング道具が出現しただけで、舞台の集中がそこ1点になっちゃう問題が〜」

 



 なんて話をしながらやってました。

 

 

 

ディアボロ ジャグリング動画 JSP第一回公演


 

 

シガーボックス ジャグリング動画 JSP第一回公演


 

 

 

 

 

それから「無声劇って大変。」

 

なんてことに立ちあたって、

第2回ではその解決を脚本と芝居のクオリティに求め、

第3回では方針を変えて役者のセリフと芝居を投入した。

(脚本による世界観の設計もその方向性に多いに貢献してくれた。)

 

その間にぼくは会社で

ディレクター、裏方(撮影、編集、音響、照明、制作)、出演者による製作現場のフローと

プロデューサー、代理店、媒体、スポンサーという企画サイドの関係を知り、

さらには養成所で芝居も学んじゃった。

 

そんなこんなで第4回公演製作の蓋を開けてみると

稽古を回すことができて各セクションとのつながり、流れを把握しているマンとして

第1回以来の演出1名体勢で作っていくことと相成りました。

 

 

 

 

 

 

 

それから今日までのことを思い返すと、書く手が止まってしまいますねぇ。

まだまだ全然、生の感情が言葉になることなく次々に心の中に沸き起こってきます。

だって打ち上げだってまだですよ(今夜です)。

そういう意味ではまだ終わってないです笑

 

しかし、ひとまず「JSPの舞台」という模索に一つの回答(解答じゃなく)を出せて良かったと思っています。

このJSPという企画の根っこはとても単純で原始的です。

 

 

「ジャグリングの良さを、舞台という誰もが観られる場所で生で楽しく味わっていただく」

 

 

もっと言うと、

 

 

「ジャグラーが最初に夢見るであろうかっこいいルーティンの素晴らしさ、そしてそれを生で味わう感動を、世界に広めたい」

 

 

こんな感じのことです。

なんつー真っ直ぐさ。いつでもどこでも再生産されうる企画だと思います。

つまりは、中身勝負の王道企画なんです。

演出としては非常に清々しくやれました。

思うようにならなかったり(良くも悪くも)、

思うようになったり(良くも悪くも笑)、

しましたが、次の再生産に対して意欲を持てる終わりに来られたと思ってます。

 

 

 

まとまりがついていないですが、

今のところ書ける内容はここまでです。

 

 

 

役者としてはペテン師はちと寂しかったなぁ。

ほかの役にも言えますが、ヒトという生き物は表現の中でもっとたくさん動いていける。

動いていかねばと、思いました。

 

 

 

以上です。

出演者はじめスタッフの全ての方々、コラボしてくださったinuike.さん、

応援くださった皆様、そしてご来場いただいた皆様、

またどこかでの巡り合わせを願っています。

ありがとうございました!

 

第4回公演の「天使・ペテン師・泣き虫」無事終演することができました。

代表の吉永です。

ご来場いただき、大いに笑い、大きな拍手で会場を盛り上げて下さった皆さま、

本当にありがとうございました。

 

このように公演を4度も重ねることができたのはひとえに応援してくださる皆様のおかげです。ここにいくら書いても伝えきれないくらいに感謝しています。

 

 

さて、今年は「レベルの高いジャグリングショー」と「エンタメ」をテーマに作品作りに取り組んできました。

 

「レベルの高いジャグリングショー」については、遠方からの出演者も交え、そのジャグリング作品単体で見てもレベルの高いものを作るよう意見交換を行いながら切磋琢磨してきました。

それぞれのパフォーマーがジャグリングを通じて表現したいものがあり、それをいかにジャグリングのパフォーマンスを通じて表現するかということに注力しました。

 

「エンタメ」について、ご覧いただいた方にはわかると思うのですが、天使役のめぐさんの力を大いに借りて、どんどん笑いを取りにいく、楽しい作品へと仕上げていきました。

脚本の堀口さんのコメディセンスが尖っており、脚本の第一原稿の時点からネタが満載でした。それを稽古場で読み合わせし、アドリブを加え、演出の冨迫さんの指示のもと修正し、どんどん面白いものを作っていく。そういった形でお客様に少しでも満足して帰ってもらえるように取り組んできました。

 

この公演を見て舞台に立ちたい、舞台に関わりたい!ジャグリングって楽しい!!と思ってくれる人がいてくれたのなら今年の公演は大成功だと思っています。

 

いつか関西、そして日本中にもっとジャグリングの公演や新しい形での表現の場が増えることを祈っています。

 

 

第4回公演を以って、5年前の団体立ち上げ当初目指していた公演を、ようやく作ることができました。公演を行うと毎年大きな課題が出てきて困ってしまうのですが、今年でなんとか方向性を定めることができたと思っています。ここにたどり着くまでが本当に長かったです。

 

無事今年度このような形を作ることができたのは、過去にこの団体に携わって下さった皆さまや、応援してくださる皆様のおかげと感謝しています。

 

まだまだつめの甘いところは沢山ありますが、今年の公演は間違いなく私たちにとって1つの区切りとなる年でした。次年度はまたゼロからのスタートだと思い、今まで手の回りにくかった広報も含め、プロ意識を持ってより高いレベルを目指していきたいと思います。

 

 

 

そして最後になりますが、改めて、足元の悪い中ご来場いただいた多くのお客様に心よりお礼申し上げたいと思います。

 

ご来場ありがとうございました!

 

季節の変わり目なので皆さんもお体にはお気をつけ下さい。

それではまた、お元気で!

 

 

こんにちは!Twitter担当のむっちゃんです。
 

明日、遠方からいらっしゃるお客様のために、会場までの道案内を書かせていただきます。

 

会場の京都府立文化芸術会館への行き方で皆さんが使う可能性が高いのは、

 

1.京都駅(新幹線・JR・近鉄)からバスに乗る。

2.河原町駅(阪急電車)からバスに乗る。

3.出町柳駅(京阪電車)から徒歩。

 

の3つになるかと思います。

 

ですので、この3つの行き方について紹介します。

 

※JSPのついでに京都観光も一緒に考えている方へ

・京都の名所や神社仏閣の拝観は比較的早い時間で終了するところが多いです。(早いところは16時拝観終了です。)

・京都の観光では京都市営バスで移動することをお勧めします。また1日乗車券を使用すると600円で京都市内中心部のほぼ全域を移動することができます。(3回以上乗車するとお得になります。)京都駅前バス停や運転手から購入することが可能です。

(京都駅と会場の往復では一日乗車券より通常支払いの方が安くなります)

・京都は交通渋滞が頻繁に発生します。バスで来られる方・移動される方は時間に余裕をもって予定を立てることをお勧めします。

 

 

 

1.京都駅(新幹線・JR・近鉄)からバスに乗る。

 

 ̄惺銃~バス停

 

JR新幹線・近鉄のどの電車で来た方も、まず京都駅JR中央口を目指します。

 

 

 

JRでお越しの方

 

中央口改札から駅を出ます。場所が分からない方は0番線ホームに向かいましょう。

 

するとホーム直結の改札があります。そこが中央口です。

 

改札を出ると京都タワーが見えるはずです! 

 

 

新幹線・近鉄でお越しの方

 

近鉄でお越しの方は近鉄改札口を、新幹線でお越しの方は中央口から改札を出ます。

 

下の写真の看板のJR線乗り場の方に向かって歩きます。

 

 

エスカレーターを上るとJR西口が見えてきますが、まだまだまっすぐ歩きます。

 

まっすぐ歩くと下の画像のようにJR中央口の看板が出てきますので、それを辿ります。

 

 

矢印通りに進むと、京都タワーが見えてくると思います! 

 

 

 

▲丱皇~京都府立文化芸術会館まで

 

京都駅は非常にたくさんのバスが行き来していますので、初めて京都にお越しの方は困惑すると思います。

 

なので、バス停まで案内したいと思います。

 

JR中央口からまっすぐ進むの下の画像のような掲示板が見つかります。

 

 

この掲示板のA2乗り場を目指します!

 

休日のお昼はこの掲示板の近くにバスの乗り場案内をしてくれる方がいます。

掲示板を前に立ち止まっていると、案内してくれることも多いです。

 

この掲示板の左側の横断歩道を渡り左に曲がります!

 

 

これでA2乗り場に到着です!

このバス停付近に1日乗車券券売機があるので、1日乗車券を利用される方はここで購入されることをお勧めします。

 

 

A2乗り場から出発するバス#205で「京都府立医大前」まで乗ります。

(舞台前に京都で有名な鴨川を見てみたい方は、1つ前の「荒神口」で降りるのがお勧めです。)

 

およそ25~30分程度乗って「京都府立医大前」で下車すると目の前が京都府立文化芸術会館です!!

 

 

 

 

 

2.河原町駅(阪急電車)からバスに乗る。

 

阪急河原町からに乗るのですが、京都市営バスの四条河原町というバス停はなんと…8つあります!

その8つのバス停にはそれぞれアルファベットが振られています。その中のF乗り場を目指します!

 

 

まず河原町駅中央口から改札を出ます。

 

改札を出て右手の6番出口に向かいます。

 

6番出口の階段にはことねちゃんがいます!

 

階段を登り地上に出ると、スターバックスの横に出ます。

左に曲がります。

 

しばらく歩くと「四条河原町」下の画像のような大きな交差点に差し掛かります。

 

横断歩道を渡らずに左へ曲がります。

 

そのまままっすぐ進むと四条河原町F乗り場です!

F乗り場から発車するバスは全て京都府立文化芸術会館前まで行きます。

 

F乗り場から出発するバスで「京都府立医大前」まで乗ります。

 

(舞台前に京都で有名な鴨川を見てみたい方は、1つ前の「荒神口」で降りるのがお勧めです。)

 

15分程度乗車して、京都府立医大前で下車すると目の前が京都府立文化芸術会館です!

 

 

 


3.出町柳駅(京阪電車)から徒歩。

 

京阪出町柳駅から以下のルートを通ります。


 

 

ゝ阪出町柳駅は今出川改札口叡電口の2つがあります。

今出川改札の方が歩く距離が短くお勧めです。


京阪出町柳駅今出川改札口から改札を出ます。


 改札口を出て右手の1番出入り口を上ります。

ちなみに階段を上がるとこんな景色になります。→


 叡電口からは、改札を出た方は、

 

改札を出て右の3番出口を目指します。

 

 
3番出口を出ると賀茂大橋の前に出ます。→

 


賀茂大橋を渡り「河原町今出川」という交差点まで歩きます。

 

横断歩道を渡り、左へ曲がります。

 
左へ曲がってからは、河原町通りを5~10分程度まっすぐ歩きます。
左に京都府立医大という大きな病院が見えてきたらもうすぐです。

 

 


 

京都府立文化芸術会館に到着です!
 
 

いかがでしたでしょうか?長くなってしまいましたが、ご来場の際に参考になさって下さい。

 

京都には観光スポットやおいしいお店がたくさんあります!ぜひこの機会にそういったところを見つけてみてください!楽しいですよ!!

 

 

それでは演者・スタッフ一同、会場でお待ちしております!

 

 

 

 

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)
   第4回公演 

使・ペテ師・き虫』

 

【JSPについて】
   日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、

その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。 

 

【あらすじ】
   人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。
   彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。
   人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!

 

【出演者】
   一物 芽具身
   佐々木 仁美(紫音)
   笹生 明日香(ノエル)
   篠宮 瑞生(まいやー)
   清水 公太
   田中 謙伍(いっせい)
   田中 健翔
   田中 佑樹
   冨迫 晴紀
   服部 駿佑
   横山 佑介(よこやん)

 

【日時】
   2018年9月15日(土)
         12:30 開場13:00 開演
         17:30 開場18:00 開演

 

【料金(全席自由席)】
                    前売券   当日券
   高校生以下 1,000円 1,000円
   大学生       1,800円 2,000円
   大人          2,200円 2,500円

 

【会場】
   京都府立文化芸術会館
   (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地)
   (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml)
     ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分
     ・「府立医大病院前」下車スグ前