「春告鳥に花の香りを」のブログも今回で最後になります、代表の吉永です。

まずは無事第三回公演を終えることが出来ました。

ご来場いただいた皆さま、応援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

ジャグリングストーリープロジェクトでは、ジャグリングの魅力を多くの人に伝えるというのを目標にしていて、そのために既存のジャグリングルーチンをいかに見せるか、ということを3年間考え続けていました。

 

ジャグリングの大会のようにジャグリングの作品を次々に出していく形式も素晴らしいものだと思うのですが、それは多くのスタッフや準備時間がなくても作れる舞台だと思っています。

 

ありがたいことに私たちの団体は、60名ものスタッフを抱えており、皆が舞台に向けて多くの準備を進めています。そのため「簡単にできることはやってはならない。何かしらジャグリング界に貢献できるようなものを残さないといさけない」とずっと思い込んでいました。

 

初年度は京都のジャグリングサークルが主催する、「ジャグリングドーナツライブ」を踏襲し、上手いジャグリングで盛り上げる舞台公演を行いました。2年目にもジャグリングパフォーマーによる、ストーリーに起承転結をつけた無声の舞台公演を行いました。

その際にお客さんの声として大きかったのは、「なんとか伝わるけど、物語として面白くない」というものでした。

 

これはジャグリングルーチン(※)をいかに自然に導入するか、ということばかりに気を取られ、物語単体で楽しめるものを作るという意識が足りなかったのだと思います。

 

(※ここでいうジャグリングルーチンとは、個人または複数人でのジャグリングパフォーマンスを音楽に合わせて5分ほど披露することです)

 

今年は物語だけでも十分に面白い物を作る、ということを最優先に考え、そのためにお客さん全員に物語を伝えるということを重視しました。プロジェクターの利用や、ナレーションの活用など様々な方法を考えた末に、今回のような役者二人が主導する有声劇という形を取ることになりました。

 

 

 

 

アンケートやお客さんの声は想像していた以上に好評で、私も演者達も正直驚いています。これでようやく「ジャグリングストーリープロジェクト」と呼ぶに恥ずかしくない公演ができました。有声劇へのチャレンジが無事成功してほっとしています。

 

しかし、据え置いた「ジャグリングの魅力を多くの人に伝える」という目標を舞台公演で達成するためには、まだ多くの課題があり、このまま同じような作品を作り続けることに意味があるのか・・・と感じてしまう一面もあります。

 

ジャグラーの活躍する場所や舞台公演が増えることを願いながら、一段落ついた今は時間をかけて自分たちに出来ることを考えていきたいと思います。

 

次に公演を行うのであれば、「ジャグリングの “表現” やジャグリングの “スゴさ” 」を前面に押し出した作品、

もしくは「既存のルーチンの枠にとらわれない作品」にしたいと思います。

 

もし、次年度の公演が行われる際にはしっかりと準備をして、必ず今年よりも面白い作品をお見せ致しますので、その際には是非足を運んでいただけたら幸いです。

 

 

個人語りが過ぎてしまいましたが、

大勢の方の協力や応援のおかげで無事第三回公演を終演することが出来ました。

 

寒い中会場に足を運んで下さった皆さまにお楽しみいただけて、スタッフ一同嬉しく思っています。

差し入れも食べきれないほど沢山頂き、本当に幸せな時間を過ごすことが出来ました!

色々と考えてしまうところはありますが、今は無事公演を終えられたことにお礼申し上げたいと思います。

 

この度は誠にありがとうございました。

 

季節の変わり目なので皆さんもお体にはお気をつけ下さい。

それではまた、お元気で!

 

 

こんにちは!脚本とブログ担当の白石です!
いままでJSPのいろんな方にお願いしてブログの記事を書いていただいていたのですが、前回の道案内の記事に引き続き今回の記事もブログ担当の私がお送りします。

 

もう、この記事をお読みのみなさんはご予約はしていただけましたでしょうか…?

ご予約していただけると当日券よりすこしだけ、お安くなります。また入場もスムーズになりますので、ぜひまだの方はこの記事の下の予約フォームからご予約ください。
遠方から来られる方は割引も外せませんね。遠方にお住みであることを証明できるものを忘れずにお持ちになってください。

 

 

公演を楽しみにしていただいている方も多いと思います。今回特筆すべきは、有声劇となる点です。

第1・2回公演をご覧になった方にとっては、JSPの公演にセリフがあることに驚かれるかもしれませんが、話すことによって今まで表現できなかったようなことも、今回新たに表現できるようになることがあります。

脚本もセリフにこだわり、何度も何度も試行錯誤し修正を繰り返し作られてきましたので、その点にもぜひ注目して見ていただきたいです。

 

 

他にも、第3回公演に関するブログの記事を全て関わらせていただきました。

演者はもちろん、照明、衣装、大道具…などなど、JSPのいろんな方が今公演をより楽しくなるような情報を書いていただいてます。

ぜひ公演前の今のうちにブログを読み返してみていただけると、公演の際に新たな発見があるかもしれません...!

 

 

…と、まだまだたくさんお話ししたいことはありますが、今回はここまで。

 


当日、皆様とお会いできることを楽しみにしてます!

 

 

----------------------

 

Juggling Story Project 第3回公演

「春告鳥に花の香りを」

 

【日時】

2017年3月4日 18:30~

2017年3月5日 13:30~ / 18:00~

※全3回公演 約90分を予定


【チケット料金】

大人(前売り:2500円 / 当日:3000円)

学生(前売り:2000円 / 当日:2500円)

高校生以下(前売り:500円 / 当日:500円)

※遠方割引500円(近畿以外の都道府県が対象)

当日は免許書などの身分証明書をご提示ください

 

【会場】

京都府立文化芸術会館

 

【あらすじ】

長年使ってきた道具や愛着のある物には魂が宿るとされています

この町のどこかにそんな「物」の声を聞くことができる骨董品屋があるという

そんな町に拠り所を失った鶯が訪れます

これは一羽の鶯に花の香りを届ける物語

 

【出演者】

飛鳥

上蔀 優樹

柏原 拓夢 (大阪芸術大学 大道芸サークルむつごろう雑技団)

古小路 颯太 (大阪行岡医療専門学校長柄校)

末元 大樹 (大阪府立大 Jenga)

菅原 弘貴 (関西ポイ練習会)

高槻 大貴 (神戸大学 ジャグリングサークルJUG六)

松本 耀介 (大阪大学 ジャグリングサークルPatio)

三原 良太 (京都大道芸倶楽部JugglingDonuts)

森田 啓正 (神戸大学 ジャグリングサークルJUG六)

森本 祐介 (神戸大学 ジャグリングサークルJUG六)

吉田 大亮

樋口 瑛子 (関西学院大学 SPLASH)

 

【主催】

ジャグリングストーリープロジェクト

 

【予約】

ご予約は特設Webページから。

 

 

----------------------

[6/5] [4/4] [2/17]
‎[ ߈|\ε] 
   __                                                
[5/17] [2/16] [6/15] [7/3→4] 3[9\9]

こんにちは!脚本担当の白石です。
公演まで、残すところあと数日となりました!

嬉しいことに遠方からいらっしゃる方がいますので、会場までの道案内をしていこうと思います。

 

 

会場の京都府立文化芸術会館への行き方で皆さんが使う可能性が高いのは、

 

1.京都駅(新幹線・JR・近鉄)からバスに乗る。

2.河原町駅(阪急電車)からバスに乗る。

3.出町柳駅(京阪電車)から徒歩。

 

の3つになるかと思います。

 

ですので、この3つの行き方について紹介します。

 

※JSPのついでに京都観光も一緒に考えている方へ

・京都の名所や神社仏閣の拝観は比較的早い時間で終了するところが多いです。(早いところは16時拝観終了です。)

・京都の観光では京都市営バスで移動することをお勧めします。また1日乗車券を使用すると500円で京都市内中心部のほぼ全域を移動することができます。(3回以上乗車するとお得になります。)京都駅前バス停や運転手から購入することが可能です。

・京都は交通渋滞が頻繁に発生します。バスで来られる方・移動される方は時間に余裕をもって予定を立てることをお勧めします。

 

 

 

1.京都駅(新幹線・JR・近鉄)からバスに乗る。

 

 ̄惺銃~バス停

 

JR新幹線・近鉄のどの電車で来た方も、まず京都駅JR中央口を目指します。

 

JRでお越しの方

 

中央口改札から駅を出ます。場所が分からない方は0番線ホームに向かいましょう。

 

するとホーム直結の改札があります。そこが中央口です。

 

改札を出ると京都タワーが見えるはずです! →

 

 

新幹線・近鉄でお越しの方

 

近鉄でお越しの方は近鉄改札口を、新幹線でお越しの方は中央口から改札を出ます。

 

下の写真の看板のJR線乗り場の方に向かって歩きます。

 

 

エスカレーターを上るとJR西口が見えてきますが、まだまだまっすぐ歩きます。

 

まっすぐ歩くと下の画像のようにJR中央口の看板が出てきますので、それを辿ります。

 

 

矢印通りに進むと、京都タワーが見えてくると思います! →

 

 

 

▲丱皇~京都府立文化芸術会館まで

 

京都駅は非常にたくさんのバスが行き来していますので、初めて京都にお越しの方は困惑すると思います。

 

なので、バス停まで案内したいと思います。

 

JR中央口からまっすぐ進むの下の画像のような掲示板が見つかります。

 

 

この掲示板のA2乗り場を目指します!

 

休日のお昼はこの掲示板の近くにバスの乗り場案内をしてくれる方がいます。

掲示板を前に立ち止まっていると、案内してくれることも多いです。

(私もこの記事の取材でこの写真を撮っていると、親切に案内してくれました。)

 

この掲示板の左側の横断歩道を渡り左に曲がります!

 

 

これでA2乗り場に到着です!

このバス停付近に1日乗車券券売機があるので、1日乗車券を利用される方はここで購入されることをお勧めします。

 

A2乗り場から出発するバスで「京都府立医大前」まで乗ります。

(舞台前に京都で有名な鴨川を見てみたい方は、1つ前の「荒神口」で降りるのがお勧めです。)

 

およそ25~30分程度乗って「京都府立医大前」で下車すると目の前が京都府立文化芸術会館です!!

 

 

 

 

 

2.河原町駅(阪急電車)からバスに乗る。

 

阪急河原町からに乗るのですが、京都市営バスの四条河原町というバス停はなんと…8つあります!

その8つのバス停にはそれぞれアルファベットが振られています。その中のF乗り場を目指します!

 

 

まず河原町駅中央口から改札を出ます。

 

改札を出て右手の6番出口に向かいます。

 

6番出口の階段にはことねちゃんがいます!

 

階段を登り地上に出ると、スターバックスの横に出ます。

左に曲がります。

 

しばらく歩くと「四条河原町」下の画像のような大きな交差点に差し掛かります。

 

横断歩道を渡らずに左へ曲がります。

 

そのまままっすぐ進むと四条河原町F乗り場です!

F乗り場から発車するバスは全て京都府立文化芸術会館前まで行きます。

F乗り場から出発するバスで「京都府立医大前」まで乗ります。

(舞台前に京都で有名な鴨川を見てみたい方は、1つ前の「荒神口」で降りるのがお勧めです。)

 

15分程度乗車して、京都府立医大前で下車すると目の前が京都府立文化芸術会館です!

 

 

 


3.出町柳駅(京阪電車)から徒歩。

 

京阪出町柳駅から以下のルートを通ります。


 

 

ゝ阪出町柳駅は今出川改札口叡電口の2つがあります。

今出川改札の方が歩く距離が短くお勧めです。


京阪出町柳駅今出川改札口から改札を出ます。


 改札口を出て右手の1番出入り口を上ります。

ちなみに階段を上がるとこんな景色になります。→


 叡電口からは、改札を出た方は、

 

改札を出て右の3番出口を目指します。

 

 
3番出口を出ると賀茂大橋の前に出ます。→

 


賀茂大橋を渡り「河原町今出川」という交差点まで歩きます。

 

横断歩道を渡り、左へ曲がります。

 
左へ曲がってからは、河原町通りを5~10分程度まっすぐ歩きます。
左に京都府立医大という大きな病院が見えてきたらもうすぐです。

 

 


 

京都府立文化芸術会館に到着です!
 
 

いかがでしたでしょうか?今回の記事が来場の際に参考になればと思います。

京都はたくさんの観光スポット、おいしいお店があります!ぜひこの京都に来る際にそういったところを見つけてみるのも楽しいと思います。

 

...と大変長くなってしまいましたが、会場でお待ちしています!

 


 

----------------------

 

Juggling Story Project 第3回公演

「春告鳥に花の香りを」

 

【日時】

2017年3月4日 18:30~

2017年3月5日 13:30~ / 18:00~

※全3回公演 約90分を予定


【チケット料金】

大人(前売り:2500円 / 当日:3000円)

学生(前売り:2000円 / 当日:2500円)

高校生以下(前売り:500円 / 当日:500円)

※遠方割引500円(近畿以外の都道府県が対象)

当日は免許書などの身分証明書をご提示ください

 

【会場】

京都府立文化芸術会館

 

【あらすじ】

長年使ってきた道具や愛着のある物には魂が宿るとされています

この町のどこかにそんな「物」の声を聞くことができる骨董品屋があるという

そんな町に拠り所を失った鶯が訪れます

これは一羽の鶯に花の香りを届ける物語

 

【出演者】

飛鳥

上蔀 優樹

柏原 拓夢 (大阪芸術大学 大道芸サークルむつごろう雑技団)

古小路 颯太 (大阪行岡医療専門学校長柄校)

末元 大樹 (大阪府立大 Jenga)

菅原 弘貴 (関西ポイ練習会)

高槻 大貴 (神戸大学 ジャグリングサークルJUG六)

松本 耀介 (大阪大学 ジャグリングサークルPatio)

三原 良太 (京都大道芸倶楽部JugglingDonuts)

森田 啓正 (神戸大学 ジャグリングサークルJUG六)

森本 祐介 (神戸大学 ジャグリングサークルJUG六)

吉田 大亮

樋口 瑛子 (関西学院大学 SPLASH)

 

【主催】

ジャグリングストーリープロジェクト

 

【予約】

ご予約は特設Webページから。

 

 

----------------------